Blog&column
ブログ・コラム

空調服の持続時間とは?

query_builder 2022/08/01
コラム
9
夏場の暑い時期を乗り越えるために、空調服を取り入れる会社も多いです。
空調服に馴染みのない方にとって、どのくらいの時間を安心して着用できるものなのか気なりますよね。
そこで今回は、空調服の持続時間についてご紹介いたします。

▼空調服とは
一見普通の作業着に見えますが、腰や脇部分にファンがついているものを空調服と呼びます。
身体と作業着の間に風が通ることで、汗が気化して体温を下げる仕組みです。
着ながら自由に行動が出来るように、ファン用のバッテリーが付いているタイプが多く出回っています。

▼空調服の持続時間
空調服を快適に着るには、バッテリーの性能が影響します。
バッテリーは大容量タイプと小型軽量タイプに分けられ、それぞれ特徴が異なります。

■大容量タイプ
5?8時間ほどの稼働持続があるものや、最大で40時間使用できるタイプがあります。
種類によって異なりますが、重さは300gほどで小型軽量タイプに比べると重めです。

■小型軽量タイプ
持続時間が3?5時間ほどのタイプで、出力調整できるものは約24時間使用できる種類もあります。
重さは150g~200g程度で、大容量タイプより軽い製品が中心です。

▼まとめ
空調服の持続時間は大容量タイプは5?8時間程度で、小型軽量タイプは3?5時間ほどです。
最大40時間使用できたり出力調整次第で約24時間使用できる種類もありますので、使用環境に合わせた空調服を選びましょう。
弊社では、諫早市で警備会社を営んでおります。
現在一緒に働く仲間を募集しておりますので、気になる方はぜひご応募ください。

NEW

  • 今日も夏日です。

    query_builder 2022/07/12
  • 仕事の覚え方を解説

    query_builder 2023/01/15
  • 仕事のモチベーションを上げるには?

    query_builder 2023/01/01
  • 仕事のストレス解消の方法は?

    query_builder 2022/12/22
  • 警備の仕事でスキルアップするには?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE