Blog&column
ブログ・コラム

警備員の欠格事由について

query_builder 2022/08/28
コラム
16
警備員の欠格事由とは、警備員になれない条件のことをいいます。
警備員の仕事に就きたいと考えている方は、事前に確認しておいた方が安心でしょう。
そこで今回は、警備員の欠格事由について詳しくみていきます。

▼警備員の欠格事由
下記に該当する場合は、警備員として働けない可能性があります。

■破産手続き開始決定を受け、復権を得ていない
破産手続きをしている方は、警備員になれません。
手続きが終われば、警備員になることが可能です。

■直近5年で警備業法に違反した
警備業法の違反は、たとえ実刑にならなくても破った時点で欠格事由にあたります。
警備員の法律を破ったことになるので、警備員にはなれなくなります。

■暴力団員との関わりがある
警備員以外の仕事にも当てはまる内容です。
何もしていなくても、関わりがある時点でNGとなります。

■心身に障害があり、警備業務の遂行が難しい
医師の判断により、業務が難しいと判断されたら警備員になれません。
ただ、心身に障害があっても医師が認めれば業務可能です。
その他にも警備員には年齢制限があり18歳未満はなれなかったり、アルコール・薬物中毒者は基本的に業務を行うことが厳しいでしょう。

▼まとめ
警備員の欠格事由は、18歳未満・直近5年で警備業法に違反などいくつかあります。
1つでも当てはまると警備員になれないので、警備員業務に興味がある方は覚えておきましょう。
65歳以上のシニア世代も現役として活躍する「有限会社マリン警備保障」では、現在警備員を募集しています。
研修制度もしっかりと整った環境で、新たな人生を歩んでみませんか。

NEW

  • 今日も夏日です。

    query_builder 2022/07/12
  • 仕事の覚え方を解説

    query_builder 2023/01/15
  • 仕事のモチベーションを上げるには?

    query_builder 2023/01/01
  • 仕事のストレス解消の方法は?

    query_builder 2022/12/22
  • 警備の仕事でスキルアップするには?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE