Blog&column
ブログ・コラム

警備員に必要な道具とは?

query_builder 2022/10/08
コラム
22
警備の仕事に就く警備員は、どのような道具を必要とするのでしょうか。
警備員の仕事に興味をお持ちの方なら、気になるところですよね。
そこで今回は、警備員に必要な道具について解説いたします。

▼警備員に必要な道具
■制服
警備の仕事にあたっている人を判断する一番の決め手は、制服ですよね。
そんな警備員が着用する制服は、警備業法において定められています。

警備会社は事前に、公安委員会に届けを出す決まりです。
警備員の制服姿は警察官と似ていることから、警察官と警備員を区別するために設けられています。
さらに、警備員であることを示す標章をつける必要があり、胸元や腕に取り付けるのが一般的です。

■警笛
不測の事態が起こった時に、周囲にいち早く異変を知らせるのに用います。
制服にモールを取り付け、その先に警笛をつないでいます。
いざという時にすぐに使えることと、警笛を落とさないようにするため、制服につなぎ止めていることがほとんどです。

▼警備の業務によって異なる道具も
警備員が必要とする道具は、業務の内容によっても異なります。
例えば交通誘導を行う場合は、誘導棒や手旗が必要です。
さらに広範囲で警備を行う場合は、警備員同士が連絡を取るための無線機やトランシーバーを使用します。
人に注意を促したり何かを伝える際には、拡声器を使うこともしばしばです。

▼まとめ
警備員に必要な道具として、制服と警笛はマストと言えるでしょう。
一方で業務の内容によっては、必要とする道具が変わるケースがあります。

警備の仕事に携わっている方を見かけたら、何を持っているかをチェックしてみてはいかがでしょうか。
諫早市エリアを中心にさまざまな場所の警備を行っている弊社では、ただいまスタッフを募集しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 今日も夏日です。

    query_builder 2022/07/12
  • 仕事の覚え方を解説

    query_builder 2023/01/15
  • 仕事のモチベーションを上げるには?

    query_builder 2023/01/01
  • 仕事のストレス解消の方法は?

    query_builder 2022/12/22
  • 警備の仕事でスキルアップするには?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE