Blog&column
ブログ・コラム

警備員が行っている熱中症対策とは?

query_builder 2022/10/15
コラム
23
近年は地球温暖化の影響で、気温がどんどん上昇しているとされています。
そんな中、炎天下で警備の仕事を行う警備員にとって、熱中症対策は不可欠です。
そこで今回は、警備員が行っている熱中症対策について解説いたします。

▼警備員が行っている熱中症対策
■塩分と水分の補給
真夏の炎天下に長時間にわたってい続けると、体内の水分が汗となって失われていきます。
そのため水分の補給は欠かせませんが、忘れてはならないのが塩分です。

汗をかくと体の中の塩分が出て行ってしまうため、塩分の補給も重要です。
警備会社ではスタッフの熱中症対策として、塩分と水分を同時に補給できるスポーツドリンクなどを配布しています。
また梅干しや塩あめなどを用意し、塩分の補給にも注意を怠りません。
近年は、速やかに体に水分を取り込める経口補水液も活用されています。

■冷感グッズの使用
熱中症を防ぐには、体温を下げることが重要です。
そこで夏場の警備の際には、冷感グッズが配布されることも少なくありません。

首には太い血管が通っており、ここを冷やすことで効率よく体温を下げられます。
使い勝手がよいのは、保冷剤が仕込まれたネッククーラーです。
また、服に吹きかけることで涼感を得られる冷感スプレーも便利です。

■制服への対策
警備の仕事にあたる際は制服の着用が義務付けられていますが、この制服にも熱中症対策が施されています。
例えば通気性や速乾性に優れた素材を使い、汗をすばやく蒸発させて体温を下げるといった具合です。

さらに、小さなファンを取り付けた空調服も効果的です。
モバイルバッテリーを用いてファンを動かし、空気を循環させて体温を下げます。
建設現場のように、日差しを遮るものがないところでの対策に最適です。

▼まとめ
炎天下で警備にあたるには、さまざまな要素において熱中症対策が必要です。
警備の仕事を無事に遂行するためにも、十分に対策をしたいところですね。
諫早市周辺で警備の仕事を行っている弊社では、スタッフを募集しております。
熱中症対策は万全に行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 今日も夏日です。

    query_builder 2022/07/12
  • 仕事の覚え方を解説

    query_builder 2023/01/15
  • 仕事のモチベーションを上げるには?

    query_builder 2023/01/01
  • 仕事のストレス解消の方法は?

    query_builder 2022/12/22
  • 警備の仕事でスキルアップするには?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE