Blog&column
ブログ・コラム

警備員の年齢層とは?

query_builder 2022/10/22
コラム
24
警備の仕事に従事する方には、比較的年齢層が高めといったイメージはありませんか。
どの年齢層が警備員の仕事に従事されているのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、警備員の年齢層について解説いたします。

▼警備員の年齢層
2016(平成28)年にとられたデータによると、警備の仕事に従事されている方の平均年齢は49.5歳という結果になっています。
年齢層で見ると、40代から50代が圧倒的に多いのが特徴です。
その理由は、40代や50代の方でも仕事がしやすいからとされています。

▼若い年代で警備員の仕事に従事するメリット
「40代や50代の方でも警備の仕事はしやすい」とご紹介しましたが、若い年代の方にも警備の仕事はおすすめです。
おすすめする理由としては、以下の内容が挙げられます。

・特別な資格を必要としない
・年齢制限は18歳以上
・学歴は不問

警備員になるための条件は年齢だけで、18歳以上であれば問題はありません。
若いうちは体力もあり、仕事を覚えるのも早いでしょう。
若いうちから仕事に就けば、昇進のチャンスも多くつかめます。

■年齢に合った仕事ができるのも魅力
警備員を必要とする現場は、非常に多くあります。
幅広い年齢層の方が活躍しているのは、年齢に合った現場で仕事ができるからです。

例えば体力のある若い方なら、建設現場などの炎天下でも大丈夫でしょう。
一方で40代・50代といった方は、商業施設やイベント会場の中など、天候に左右されにくい現場が適しています。
多くの仕事を請け負っている警備会社で働けば、年齢や体力に合わせた現場を選んでくれるはずです。

▼まとめ
警備員の年齢層について、平均年齢と若い方が従事するメリットについて見てきました。
いずれの年齢層においても、警備員として活躍できるのが魅力ですね。
諫早市エリアを拠点とする弊社では、建設現場や各種施設への交通誘導など、警備の仕事を担ってくださる方を募集しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 今日も夏日です。

    query_builder 2022/07/12
  • 仕事の覚え方を解説

    query_builder 2023/01/15
  • 仕事のモチベーションを上げるには?

    query_builder 2023/01/01
  • 仕事のストレス解消の方法は?

    query_builder 2022/12/22
  • 警備の仕事でスキルアップするには?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE