Blog&column
ブログ・コラム

熱中所になったらどうする?応急処置や予防のポイント

query_builder 2024/01/01
コラム
51
熱中症は、めまいやふらつき・意識障害・失神・けいれんなど重篤な症状が現れます。
今回の記事では熱中症になったらどう行動すれば良いのか、解説していきますよ。
特に夏は熱中症になりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

▼応急処置の方法
熱中症が疑われる場合、まずは涼しい場所へ移動して身体を冷やしましょう。
エアコンや扇風機・冷水で冷やしたり、アイスバッグを首の両脇や脇の下、太ももの付け根の前面に当てて冷やしたりします。
ベルトやネクタイを緩めて熱を外に逃がし、水分と電解質(塩分やミネラル)を補給することも大切です。
熱中症で意識がはっきりしていない人がいる場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

▼熱中症を予防するには
熱中症を予防するには、次のことを意識しましょう。

・室温が28℃を超えないようにする
・水分だけでなく塩分も摂取する(スポーツドリンクでも可)
・飲み過ぎない程度に、こまめに水分を摂る
・身体を締め付けない涼しい服装をする
・無理せずに適度に休憩する

▼まとめ
熱中症になったらすぐに身体を冷やし、水分と電解質を補給することが大切です。
また熱中症を予防するには、こまめに水分を摂ったり適度に休憩したりしましょう。
諫早市の有限会社マリン警備保障では、交通誘導業務を主に担当する正社員アルバイトスタッフを募集しております。
未経験者も歓迎しておりますので、少しでも興味のあるかたはお気軽にご応募ください。

NEW

  • 今日も夏日です。

    query_builder 2022/07/12
  • 夜勤に向いてる人の特徴は?

    query_builder 2024/04/03
  • 福利厚生で人気の種類は?

    query_builder 2024/03/05
  • 熱中症の初期症状とは?

    query_builder 2024/02/03
  • 熱中所になったらどうする?応急処置や予防のポイント

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE